集団訴訟をする

弁護士をお得に利用するための方法

医療事故の被害者になった時には、弁護士の助けを受けることがとても大事になります。自分一人だけの力では加害者とは戦えませんので、法律と医療に精通している弁護士の力を借りることが必要です。 医療事故の被害者が多数いる場合には、被害者同士が結束して被害者の会を結成するケースが多いです。その場合は単独で訴訟を提起するよりも、集団訴訟する方が、弁護士費用などを軽減することができます。 単独で訴訟を提起する場合には、弁護士の選定が大事になります。これまで数多くの医療裁判を経験してきた医療問題に精通している弁護士に頼むと、勝訴できる可能性が高まります。 弁護士の選定には、法律事務所のホームページを調べると、医療事故に詳しい法律の専門家がわかります。料金もわかりますので、事前に料金を確認してから依頼することができます。

医療事故の法律の専門家に仕事を依頼する時の平均的な費用

医療事故に精通している弁護士に仕事を依頼する時には、まずは弁護士に相談をすることが必要です。相談料の平均的な金額は、1時間で10000円前後です。弁護士によっては、相談料を無料にしている場合もあります。 相談の結果、医療機関を提訴する場合には、着手金が必要になります。着手金の額は、請求金額の5パーセントから10パーセントが相場になっています。300万円の損害賠償を請求する場合には、15万円から30万円程度の着手金が必要になります。 報酬は裁判が結審してからの後払いのケースがほとんどです。報酬の相場は、請求金額の15パーセント程度です。請求金額が300万円の場合は、45万円程度の報酬の支払いが必要になります。