安心できる弁護士

医療事故の相談

交通事故は弁護士に任せるのが一番ですよ。こちらの事務所は交通事故の知識が高い弁護士ばかりなのでおすすめです。

東京の交通事故問題ならお任せください。経験豊富な弁護士が事故発生から解決までサポートします。無料相談も受け付けていますよ。

医療事故の疑いがあったら

「医療事故かもしれない」と思ったら、まずは記録を残すことが大切です。医師にどんな診断を受け、いつどんな治療を行なったか、症状がどう変化したかなど、できるだけ詳細に書き留めておきます。その上で医師と話し合いますが、最初から相手を疑うような態度は好ましくありません。あまり責めると医師は医療事故を隠そうとして、最悪の場合はカルテを改ざんするかもしれません。 できれば早い段階で弁護士に相談し、冷静な話し合いを持つことが、スムーズな解決につながります。ただし医療事故の問題は高度な専門性が要求されるため、どんな弁護士でもよいわけではありません。医療の問題に詳しく、熱意を持って取り組んでくれる弁護士を探すことがポイントです。

勝訴率は徐々に上がっている

医療事故で訴訟を起こした場合、裁判に勝つのは簡単ではありません。弁護士だけでは医学的な知識が不十分なため、どうしても第三者である医師の協力が必要になります。しかし医学会には閉鎖的な慣習があり、医師同士でかばいあうことが多いため、どうしても被告が有利になるとされています。医療事故の原告勝訴率は3〜4割で、一般の裁判の半分にも届かないのが現状です。 しかし最近では、医療事故への社会的関心や人権意識の高まりによって、裁判に協力してくれる医師が増えてきたと言われています。かつてに比べれば、勝訴率も上がってきています。医療事故を明らかにすることは、医療レベルの向上にも繋がることですから、臆せず立ち向かうことが重要でしょう。

弁護士への相談について

現在、医療技術や開発が日々進化しています。その一方で医療事故も増加傾向にあります。それは薬の投与ミスなどの明らかな医療ミスをはじめ、手術の際に起こったミスや取り残された器具による術後の急変などさまざまな症例があります。戦前では医療事故の訴訟で医療機関側の勝訴が多くありましたが、次第に患者の自己決定権の尊重する事例が認められるようになってきました。患者やその家族が医療事故の訴訟を起こすにあたってとても重要になってくるのが弁護士です。弁護士への相談する方法はいくつかあり、一般的には知り合いの紹介や電話帳に載ってある弁護士事務所、無料で行われる法律相談や弁護士会の照会などがあります。他には医療過誤事件を取り組む弁護士達による研究会に相談を申し込む方法もあります。

今後の医療事故の傾向について

今後高齢化社会が進んでいくと病院へ通う人数も増加していくと懸念されています。 最近では医療事故や医療関係を専門とした弁護士や弁護士事務所が増えています。弁護士に相談すると高額な費用がかかると思われがちですが、相談だけであれば比較的低価格で請け負ってもらえます。 もし治療を行っている過程で疑問に思うことや医療事故の疑いがある場合は医療事故が起こる前までの症状をはじめ病院名や診断内容、医師の説明など関係があると思われることは何でもメモや記録しておくことが大切です。 医療事故の疑いがある場合は一人で抱え込まずにできるだけ早く弁護士に相談し証拠の確保や保全、法的手続を依頼する際の費用など分からないことも聞いておきましょう。

医療事故の対応

弁護士を雇う機会はそう多くないですが、常にあるということはあまり予想していないでしょう。例えば医療事故などが起きてしまったときは弁護士に依頼するというのが一般的で、行政サービスで相談するのも大切です。

詳細はこちら

説明責任について

医療事故かなと感じたときは弁護士に相談するといいでしょう。疑問などがあったときは説明を要求することも出来、弁護士によってこの説明要求をすれば病院側もそれなりの対応をするでしょう。

詳細はこちら

集団訴訟をする

医療事故などで弁護士に依頼するときはお得に利用できる方法を考えるべでしょう。その理由として集団訴訟の存在があるためです。集団訴訟することで負担を分散することが出来ます。

詳細はこちら

医療事故と費用

医療事故が起きてしまったときは大規模な訴訟をすることになると考えておいたほうがいいでしょう。その理由に医療裁判は非常に難しく、困難になることが多いためです。勿論金銭的負担もお大きいです。

詳細はこちら

医療事故の相談

もし医療事故が思い当たる点があるのであれば弁護士などに相談してみるといでしょう。相談にかかる費用は数千円程度で可能な場合もあり、中には相談だけなら無料という場合もあります。

詳細はこちら